自分らしく暮らす人生、自分らしく暮らす家

建売vs注文

オレンジ色のバスタブ

マイホームを持つために皆働いて貯金をし、働き続けてローンを支払っていくことになります。
マイホームと言えば一戸建てをイメージされる方が多く、特に注文住宅を持つことが理想とされています。
自分の好きな各部屋のレイアウトに出来、ベランダや浴室なども思いのままに出来ます。
一生住み続けることを考えるとやはり自分の気に入った家であることが重要ですし、帰りたいと思える家が良いです。
しかし土地購入も含めた予算があるので、全て自分の思い通りに出来るとは限りません。
なので優先度はどこが高いのかを決めてから、業者との話し合いを進めていくことが大切です。
その際住み続けていく時の使い勝手も含めて検討していくことが大切です。

家を購入してからローンを払っていき、払い終わればそれで終わりということにはなりません。
毎年固定資産税の支払いが必要であり、長年住んでいると家のいたるところが傷んでくるので、リフォームが必要です。
固定資産税も最初の数年を過ぎると税額が上がります。
急にまとまったお金を準備できるか心配という方は毎月少しづつ貯めていくことがお勧めです。
またリフォームの目安は10年目で100万円と言われています。
こちらも毎年少しづつ貯めていくことが重要です。
この金額もあくまで目安なので家の傷み具合によりもっとお金が必要となることもあるため余裕を持った資金造りが無難です。
マンションであれば毎月支払う修繕積立金よりまかなってもらえますが、戸建は自分で準備する必要があります。