自分らしく暮らす人生、自分らしく暮らす家

様々なスタイルの家

カーテンのかけられた寝室

一戸建て住宅を購入するときに準備をしておきたいのは、住宅に関する情報です。
例えば新築の一戸建てが欲しい場合は自由設計の注文住宅とすでに図面が出来上がっており後は図面通りに建てるだけの建売があるという点です。
また、中古住宅を選択するという手もあります。
それぞれ選択肢がある中でどれを選べば自分や家族の理想を実現できるかを考えなくてはいけません。
その一つの判断基準に、どこに価値を置くかということです。
旦那は屋根裏部屋が欲しいと言っているけども奥さんは対面式のキッチンが欲しいという場合はその両方の欲を限られたお金の中で満たさなければなりません。
もし、自分たちが住もうと計画している近隣にその両方を満たす建売があればその家を買えばいいですが、金銭的に難しい場合やその2つを満たす建売がない場合には注文住宅にするという方法があります。

自分たちの理想を満たすために不動産について情報収集をしているうちにあることに気が付く人が多いと思います。
それは、一戸建て住宅は何も新築である必要はないということです。
つまり、中古の家を購入してリノベーションをすれば(新築の家に住むことと比較した場合に)意外と安い金額で手に入れることが可能だということがわかるはずです。
今後の不動産の動向を考えると新しい家を建てるよりも古い家を利用したほうが金銭的に安く上がるだけでなく、廃材を出さなくて済むことで環境に配慮した家つくりができることになります。
これに対して中古の物件は古いので耐震性に問題があるため心配だという考えの人もいますが、耐震性については専門家が調べますのでその点は問題ないと判断した家だけがリノベーションができるのです。